自立した社会人②

今の社会では、○○だから△△するという思考回路が染み付いている人が多いようだ。
家庭での躾や学校教育などでも、繰り返し、こういう回路で動く人間を作り出しているようにさえも見えてくる。
他動的な動機で動けるように人を訓練している社会だという感じもする。

赤信号だから停まる。
お昼だから食べる。
仕事があるからする。
こういう状況だから、やらなくっちゃ。
決まったからやる。
頼まれたからやる。
みんながやっているからやる。
訊かれたから返事する。
寒いからストーブをつける。
・・・
枚挙すればキリがないほど。
(これ等の例も、一つ一つ検討していくと、それぞれ面白いテーマが浮かび上がってくると思う)

天気予報でも、「雨は降らないでしょう」と聞いて、「降らないだろうから、傘は持っていかないようにしよう」と自分で判断しているのだろうが、意識の方では自分がそうしている自覚がなく、「天気予報で言ったから、傘は持って行かなくていい」となる思考回路。

○○だから××するという思考回路は、結果が思った通りにならないと、「天気予報では雨は降らないと言ったのに!」とか、「頼まれたからやったのに・・・」と、不平不満が出たり、相手への責任転嫁などに繋がっていくようになっているようだ。

状況がそうだからする、周囲がそうだからそうせざるを得ない、そういう回路。
周囲の状況で、自分の意思とは関係なく、動かされているような回路。
周囲の状況を”自分”がそのように捉え、”自分”の考え・意思があり、それを選択しているという自覚のない回路。

自発的自由意志⇔他発的不自由意思
自発的自由意志とはまるで正反対の意識構造になっているようだ。

このへんが解決していない人は、どうしても、「・・・で決まったから」とか、「あの人に言われたから」と、依存的に捉えて、引っかかったり、人のせいにしたり・・・となってしまうのだろう。

運営方式の考え方もあるが、このへんが解決した人がやろうとしても、「・・・で決まったことだから」と、とても自発的自由意志ではやれず、本当の自由な運営方式で考案されたものでも、不自由極まりない感じでに陥ってしまうことになるのだろう。

本当に自由な世界で生きるためには、自覚を培い、自立した人になってこそ、という道筋が、このようなテーマを探る中で、浮き上がってくる。
自立した社会人 | - | -

(研究所サロン 1.26) 発表内容の骨子

人 間 観 | - | -

自立した社会人①

パンフレットに以下のような文章がある。
「アズワンコミュニティは、取り締まりや罰則の要らない社会を目指しています。
そして、ひとりひとりの任意の自発的自由意志で活動するコミュニティでありたいと考えています。
取り決めや指し図されての行動ではなく、ひとりひとりが自分自身を見つめ、調べ、考えて行動する、自立した社会人になることを最も大切にしています。」

ライフミーティングや、研修生コースを通して、自覚がないということは、自立した社会人になれない、ということが見えてきた感じがしている。
自覚がないということは、自発的になり得ず、外発的であり、すぐに何かのせいにしたり、見返りを求めたり、人を責めたり・・・という展開に結びつき、そのような人達の集まりの中では、規則や決め事が必要になって・・と、自分達が願う社会に至らない方向に進んでいくようだ。

例えば、
Bさん:「今から買い物に行って来るから、その後来るね」
Aさん:「Bさんが後で来るって言ってたから、待っているんだ」
が、結局、Bさんは来ない。
Aさんは、「待たされた」、「せっかっく、待っていたのに」と不平を洩らす。
という場合、
Aさんは、Bさんが来ると言ったから待っている、というような他発的意識。
自分が聞いて、Bさんはきっと来るだろうと自分で推察している自覚がない。そこがないから、自分の意思・考えで、「待とう」としているという主体的な意思が捉えられない。
実際には、自分が選択しているのだろうが、選択している自覚がない。Bさんに待たされている、というような他動的な、縛られているような意識状態。

○○だから、××している。
というように、他に原因があって、それで動いているかのような意識構造が、さも当たり前のようになっている人が多いようだ。
ここが自覚出来ないと、他に縛られ、他に動かされているような人、つまりは、人のせいにするような人ばかりが構成する社会が現れてしまうのだろう。

つづく。
自立した社会人 | - | -

主体と自立

人 間 観 | - | -