我執の研究②

我・我執について継続的に研究を・・・覚書メモ。

「我抜き」とか、「我を抜く」という表現がある。これは「我のある状態」から「我がない状態」に変わる、そこを意味しているのだろう。
では、「我のある状態」とは?「我がない状態」とは?そこが明確になる必要があろう。そして、「ある状態からない状態に変わるには?」の方法を考案していくという順序になろうか。

現象面を見ていると、我のある状態、ない状態は見えにくい。引っかかったり、気分が悪くなる時は、我があるのが見えやすいケースが多い。が、機嫌よくやったり、楽しくやっていたり、仲良くやっていたとしても、我がある場合も多々あるだろう。状況が変わったり、意見が違ったり、思うように行かなくなったりしたら、我があったら、すぐにそのような現象はひっくり返ってしまうだろう。
現象の元にある「我があるかどうか」に焦点が合わないと、我は見つかりにくいのだろう。
そのへんも、我の害毒や、我の抹殺と強調されても、なかなかぴんと来ない原因の一つなのかもしれない。

我・我執というものの正体はどういうものか??
「我観判断固持」という表現もあるようだが、その中身を少しずつさぐっていきたい。

人間は、五感などを通して外界の刺激・情報をキャッチし、それを概念化し、自我と言われるような脳の働きで意識を形成し、考えたり、反応したり、行動したりしているらしい。
しかし、普段の観念では、そのような実際の過程とは異なる認識過程で世界を捉え、判断し、行動しているようだ。この辺が我というものに連なる原因なのかもしれないと考え始めている。
食べたうどんが辛く感じたということがあった時に、「あのうどんは辛い」と認識する。もっとすっとぶと、「あのうどん屋のうどんは辛い」となる場合もある。
その日、その時に、そのうどんを、その人が、食べるという行為をして、その味覚を通して、「辛い」と感じた。
真保さんの理知的生活のすすめでにもあったが、自分の感覚に気づくという、感じたりする前の感覚、そこの自覚が先ずはあるかどうか。
そして、あくまで、その人が、そう感じたということ。この自覚があるかどうか。
こういう自覚がないと、辛いと感じたということが、「うどんが辛い」という、うどんそのものになったり、「あのうどん屋のうどんは辛い」という、うどん屋そのものになったりという自分の判断へ飛躍し、事実かのように固持していくことにつながるのかもしれない。
人間の感覚は、それなりに実際の面に適っている面も多々あるので、そういう作用を知り、そこを自覚するということがないと、思ったことと実際が同じだという、判断が形成されてしまうのかもしれない。そこに我の発生の元があるのかもしれない?(もう少し検べる要あり)

我がある状態とは、自分の考えが大きい状態とも言えようか。自分も一個の人間として感情も考えもあるのは、それはそれでいいのだが、それが大きくなり、あたかも自分の捉えたことが事実かのようになったり、正しいかのように思っていたりするのが我ということかもしれない。それで頑なになったり、言い張ったり・・・という現われになるのだろう。
自分が思ったり、考えたりしていることが、一個の人の中のこととして、そのまま捉えられ、他の人も同じようにそれぞれの人はそれぞれ思ったり、考えたりすることがあると、同じ重さで見れる状態・・・、そういう状態が我がない状態とも言えようか・・・。

今日はここまで。続く。
我執の研究 | - | -

本来の正常な人間像

人 間 観 | - | -

「完全専門分業」を探る メモ①

経済研究会として、しばらく「完全専門分業」について探っていこうということになった。今まであまりまともに向き合って検べてみた事がない。かなり浅い理解しかしてないテーマ。
今日はその第一回目。そこで考えたことなどをちょっとメモ。

今の社会も、実際は分業で成り立っている。殆ど全てと言っていいくらい、暮らしていくのには他の人にやってもらっていることばかりだ。様々な仕事、役割があり、それの組みあわせ、つながりの中で生きている。
しかし、それでは、完全専門分業社会とは言えないと思う。
今の社会の分業と、完全専門分業社会との異いから考えみると、何かが観えてくるかもしれない。

今の社会通念だと、実態としてある分業で成り立つ世界、社会が観えなくなりやすいようだ。観えない人も多い。
よく出される例だが、お金を出して家を建ててもらっても、「自分が建てた」とという意識になる。お金を出して買うという行為で、何かをしたり、得たりすると、分業で成り立つ社会が消えて、「自分が買った」、「自分でした」という意識に変換されてしまう作用がありそうだ。これはもう一つ、探っていきたいテーマ。
「自分のことは自分でやる」という観念も大きいかもしれない。境ができる。それとお金という仕組みが絡んで、「自分で暮らす」、「自分で生きる」、「家族で成り立たせる」となる。実際は、自分ひとりや、家族だけで成り立つはずもないのに、「自分で生計を立てる」とか、「家族を守る」とかいった観念で、それが事実、実態かのように観念づく。分業社会が見えるわけがない。

「完全」ということも探ってみた。「完全」とは?
やはり、これは人間とか、社会の「本来の姿」のことではないだろうか。
それが完全であるといいうことかなぁ。
怒りや疑いや一切介在しない。境が一切ない。
報酬や見返りが一切ない。
規則や決まりや、縛りが一切ない。
そういう人間の本来の姿から外れる要素が一切ない。
そういう完全な姿。

持ち味が生かされている、専念できる、そのことに打ち込んでいる、そういう姿も一つの現われだろうが、その前に、完全な社会というか、完全な=本来の姿になっている=復帰しているという状態が先にあってこそ、という順序があるようだ。

専門分業ということとは、ちょっと離れるかもしれないが、完全ということも、
現状から観るものではなく、本来から観るというのも、もっとはっきり検討してみたいテーマ。
改良ではなく、完全、本来を見出し、そこを実現しようとするもの。
例えば、病気はないのが完全。災害はないのが本来。
現状から少しでも良くしようというのと、本来を見出しそこに向かっていこうというのは、行為は似てても、全く異なるもの。
この異い、実は決定的かもしれない。

今日は、これくらい。
「完全専門分業」を探る | - | -

メモ(生涯学究制の充実)

知能、知性、知恵など、なぜ「知」という文字を使うのか知らないが、
人間にとって「知る」ということは、とても大きいことだろうと思う。
他の動物の場合も、栄養になる食料や、安全な住み場を知って行動しているのだろう。
「知る」ことによって、行く先や方向を自分で定めることができるのだろう。

人は、知らず知らずの中に、理から外れ、人間らしくない状態に陥っていることが多いが、
「本来の正常な人間像」を知れば、自ずとその方向へ進み、そうなれるもの。
例えば全く未知のものに出会い、初めて知れば、「ああそうか」と素直に「知る」だけだ。
しかし、「本来の正常な人間像」を「ああそうか」と素直に「知る」ことができない人がある。
「本来の正常な人間像」を「ああそうか」と素直に「知る」ことができる人が欲しい。
そういう人同士の話は早い。何事にも通じて、すーすーいける。

「知る」ということは、すぐにそういう人に成るということでなく、先ず素直に「知る」ということ。
「ああそうか」と、素直に「知る」人はよいが、そうでなくて、いろいろと自分の考え(思い感情)等が出てくる人は、「知る」という前の準備が要ると思う。
「知る」状態になっていないと、「本来の正常な人間像」に出会うこと自体、逆効果になることもある。

研鑽セミナーや、予科、本科、専科、という順に素直に知って、その方向に進める人はよいが、
「知る」ことができない人用の「知る」前準備としての方法が要ると思う。
予科、本科、専科という課程で、生涯学究制を設けていきたいが、現状の人に応じて、それ以外の行程や方法など体制を逐次整えていく必要がある。

「知る」ことができる人になって、それから生涯学究制本来の「知る」課程に入れる。
紛争苦悩や思い込み信じ込みは、人間を知らないことから来ていると思う。
これらの解決・解消のために何に力を注ぐかだと思う。
だから、人間を「知る」ことが先決だが、素直に「知る」ことができない状態にまで病んでいる人間には、「知る」ことのできる状態、人間としての元々の状態に復帰することが先ず第一に必要と思う。
< 精神革命 > | - | -

我執の研究

今日、「我執の害毒」について究明する機会があった。

今までも我執についてはあれこれ研究してきたこともあるし、無我執体得と取り組んだこともあるが、我執とはどういうものか、我執の害毒ってどういうものか、我執はどのようにして形成されるのか、我執はどうやったら取り除けるのか・・・・と、色んなことが究明していきたいテーマとして浮かび上がってきた。意外と、我執について、あまり究明してきていないのではないかと思った。何となく、我執は戦争や争いの元だ、我執があると話が聴けないとか、ま、そういうことくらいで、だから、我執はよくなくて、だから、無我執にならなくっちゃ・・・みたいな短絡的な捉え方で、あまり我執そのものの究明をしないで、我執を無くそうと努力してきたような感じだ。

癌だったら、自覚症状が出てなくても、発見されたら直ちに処置をするように動くだろう(処置の仕方はいろいろあるにしても)。癌があるということは、人体に悪影響があることは自明のことだからだろう。
我執があった場合、それくらに人間の幸福に悪影響があるという認識も薄いのかもしれない。自覚症状が無く、結構楽しく暮らしていても、我執だらけの場合も多々あるのだろうけど、現象界が楽しかったらそれでよいとなって、我執の方はほったらかしの場合が殆どかもしれない。
ある文章に「我執の害毒は殺人狂よりも悪質なり」というのがある。殺人狂がもしいたら、社会の大問題になるのだろうが、そこでは、我執の方が殺人狂よりも悪質だと指摘する。それほどにも強調して指摘する「我執」とはどういうものなのか?その「害毒」とは、どのような実態なのか?それが何を引き起こしているのか?そういうことを具に検べてきていないと思った。そこをもっと解明し、それがどのように形成されるかを検べることで、その対策や、取り除き方などももっと鮮明になってくるのかもしれない。

研究を進めているが、今年はさらに「我執」ということに、焦点を当てて研究を開始していきたいと思った。
我執の研究 | - | -