【雑観】

例えば、知らない間に、きれいに掃除されていたら・・・、
「誰が、やったんだろう?」 と、尋ねたい気持ちになることがある。
逆に、荒らされ汚されていたら・・・、
「誰が、やったんだ?」 と、言葉は似てるけど、犯人捜しのように反応することがある。

「なぜなんだ?誰が、どこで決めたんだ?」 という問いを受けたとき、
それに答えようとする前に、その「問い」 がどんな心の状態から出ているか、その人を よく観てみたい。
 好ましく思えるような事柄のときは、ただ嬉しい気持ちが先に出てくるだろう。「なぜなんだ?」というような反応しないよね。(そのあとに、なぜだろう?と思うことはあるけど・・・)

上に書いた 「なぜ? 誰が? どこで?」 というのは、素朴な問いではないよね。何か・・・反感・対立感情が湧いていて、そういう疑問形の言葉になってるだけだと思う。

意見の言い合いではなく、「心から うち溶けた話し合い」ができるか、どうか、「話し合う前の心の状態」にあると思う。
土曜研究会 | comments (0) | -

【土曜研究会 から】

例えば、「立って歩けない人」や「声を出して喋れない人」がいたら、「どうしたら、歩けるようになるか? 喋れるようになるか?」という思いもあるだろうけど、その前に、「なぜ立てないのか? なぜ声が出ないのか?」と、思うし、そっちを調べるのが先だよね。

「親しさで繋がる社会・揺るぎない親しさ」に、関心を抱いても、
「どうしたら、人と人がそんなに親しくなれるのだろう?」と、思う人が多いですね。
それよりも、「なぜ、人と人が親しくないのか?」 これを先に調べることだよね。
もっと言えば・・・、
「人と人が親しくないなんて、親しくなれないなんて、おかしい!」
  (親しいのが良い とか 親しくしよう という意識じゃなくて・・・)

でも、「親しくない」のが普通で、「親しい」のは特別な間柄だと、思ってる限り、「親しくない原因」に目が向かない。

人間をよく調べると、「人と人の本来の姿」、「人と人で織りなす社会」も観えてくる。
誰にも分かりやすく、もっと明らかに、「研究と解明を・・・」です。
土曜研究会 | comments (0) | -

【土曜の会 あと】

自分も物も開放して、隔てや囲いを持たないで、人と人が親しく暮らしていくことに、何も難しい理論や訓練は要らないよね。
そういう本来のやさしい姿に出会える コミュニティであり、マイライフセミナーに。

ところが、精神世界だとか 霊的な人間論とか 体験したり学習してる人は、それを大事にしてるから、スーッとやさしい姿が観えない。
高尚な理論を知っても、身近な人とさえ溶け合えない“自分を知らない”。
「大事にしてるもの」が強いと、すぐに主題が「大事にしてるもの」に陥ってしまって、そうしている自分の姿や状態を見ようとしない。観えない。

人間や社会に関心があっても、なくても、いろんな知識や体験や理論を持ってない方が、スーッと通じやすい。
自分をありのまま観て、自分を知りながら、人間を知っていくと、人と人で織り成す社会が、自身の肌身になっていくんだろうね。
土曜研究会 | comments (0) | -

【 土曜 研究会 】

どんな組織や団体にも、必ずといっていいほど、人間関係の問題が生じる。
そこで、人と人の親しさが、如何に大切かという共通の課題にはなるが、
そこに大きな認識の違いが明らかになることが多い。
☆ 元々は親しくないというベースから、親しくしようとする。
☆ 何かの活動をするために、人と人との親しさが必要だとしている。
このような発想が一般的のようだが、これだと出発点も目的も全く違っている。

※ 人間関係問題の原因をハッキリ知って、人間同士本来の親しさに立ち還る。
※ 揺るぎようのない親しさで繋がる社会が目的。そのために何が必要か。
ここが核心となる。何かをやる前に、この根本的な違いを知る。

一般的に、何か活動することで良い社会を実現しようとして、その活動に人が集まる。
最初から、「活動」が主題で、「人と人のこと」は、副題になっている。
活動する前の活動する人達の状態(間柄)や如何に・・・。
人間関係を大切にしているようでも、この根本的な違いに気づけるか、どうか。
そこを実感し、ハッキリ知るための、「アズワンコミュニティ」 と 「サイエンズスクール」 として・・・。
それには、もっともっと究明と検討を・・・。     つづく
土曜研究会 | comments (0) | -

【 土曜 研究会 】

隔てや囲いなく本質的なものを指向する気風が高まる中、
個々別々に囲いたい訳ではないが、現状の社会の仕組みの中では、
個々で賄い、自分でなんとかしようという発想が、つい先に立つ。

アズワンコミュニティに於ける「コミュニティオフィス」や「ライフストアー」の試みが、今までにない新しい社会機構のモデルになりそうだ。
既に、家計や生活経済を刷新できる人が多く現われている。
それに身合った仕組みにすると、個々に現金を扱う必要が殆どなくなる。
見た目には既成の一般家庭と変わらないけど、その内実は、収入・支出・貯蓄など、家計の全てがオープンで見通しの良い状態。
そうできるお互いの間柄と、そうできる仕組みや運営によって・・・。
土曜研究会 | comments (0) | -